各種防水工事

■ 適材適所の防水工事で雨水や生活排水をシャットアウト


防水工事のポイントは、施工箇所に合わせた最適な工法を選ぶこと。
たとえば人が出入りするベランダであれば、歩行の安全性や、環境対策を考慮した工法が最適。
一方、常時風雨にさらされる屋上であれば、優れた耐久性や水密性が望まれます。

当社では防水の効果はもちろん、建物を使うお客様の快適性も考えて、施工法をご提案しています。
工事が簡単で環境にも優しいウレタン防水、衝撃にも強く耐久性の高い塩ビシート防水など、様々な工法に対応できますので、満足いく仕上がりならお任せください。

 

■ 防水工事の種類


●ウレタン塗膜防水
特殊な塗料を塗ることで防水膜を作る、比較的お手軽な工事法です。
複雑な場所にも簡単に施工でき、様々な場所で使用されています。

●シート防水
ゴムや塩化ビニールで出来たシートを下地に貼り付けます。
工事期間も短く、既存の防水層の形状に関わらず、上からかぶせることができるため、コストが抑えられます。

●FRP防水
FRPとは「補強プラスチック」のこと。
軽量かつ強度、耐水性に優れており、コストは高めですが確かな防水層が確立できます。

●アスファルト防水
合成繊維不織布にアスファルトを含ませてコーティングした、シート状の防水材を用いた工事です。
歴史が古く、信頼性の高いこの工法は、アスファルトを染みこませるため防水性能を確保しやすく、耐久年数が長いのが特徴です。

●外壁防水
マンションなどで外壁の劣化が激しい場合や、定期的な塗り替えが難しい場合、RC造や鉄骨造で外壁塗装面からの雨漏りが発生している場合は、外壁塗装よりも外壁防水がおすすめです。
外壁防水は一般的な外壁塗装とは塗膜の厚さが全く違っており、長期間外壁を保護することが可能です。

一覧ページに戻る